下野さんの自己紹介

高齢者の域になって、来た道を振り返っては懺悔の日々。小説もどきにして登場人物に心中を吐露させようと考えたものです。 老人のお互いの心の繋がりを表したいと思って書いています。