• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 6 / 12 ページ

影奔る


-201X年、初夏の頃-



長雨の切れ間の戦場は、まるで一服の水墨画だった。



低く、灰色の濃淡に禍々しく滲んだ天。

遠く、黒一色で塗りつぶされた山影。

その裾野に垂れこめた霧の際立つ白を挟んで、湿った野が薄黒く続いてゆく。



降り続いた激しい雨は明け方にはあがっていたが、

不穏な雨音が途切れたのも束の間、代わって辺りは

白刃と甲冑がぶつかり合う音で満たされた。



耳をつんざく鉄砲の轟音、兵のあげる喚声。

鼻孔をつく濡れた草の匂い、たちこめる硝煙の臭気。

肌をつたう汗と蒸れた血の感触。



感じ取れるすべての知覚までもが、鉄の鈍色が似合うものばかりで

たとえそれらに色付けがなされたとしても、

水墨画の調和が乱されることはなかったであろう。



デス スターズの影走、広八は焦れる心を押し殺して刀を構え直した。





更新日:2017-06-01 09:43:38