• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

閲覧制限:R-18小説一覧はこちら

胡蝶新さんの小説

  • 小さな鳥の町

    • 短編/SS,青春
    • 完結
    • 4P
    • 閲覧数222

    あれは吹雪の夜だった。
    夜中の突然のノックに驚き扉を開けると一人の男が立っていた・・

    人との出会いを描きたかったのです。・・・言葉で。

    私も今まで素晴らしい出会いがたくさんありました。
    私がこうしてお話を書いたり読んだりできるのも、
    恩師あってのことです。

  • 小さな鳥の町
  • 滅びた世界の物語

    • 詩・ポエム,恋愛
    • 連載中
    • 3P
    • 閲覧数260

    詩です。ちょっと長めです。
    まだ完成していないのですが、出来た分だけ上げておきます

  • 滅びた世界の物語
  • ありがとうね。

    • 詩・ポエム
    • 完結
    • 1P
    • 閲覧数198

    受験の日の帰り道にふと書いてみた詩。

    今までで一番素直になった気もする。

  • ありがとうね。
  • 月と隻眼と白羽の矢

    • 詩・ポエム
    • 完結
    • 2P
    • 閲覧数246

    王制の時代万歳!

    王制と裏切りのコンボでごはん3杯はいける・・・!!

  • 月と隻眼と白羽の矢
  • 少女の唄

    • 詩・ポエム,恋愛
    • 完結
    • 7P
    • 閲覧数226

    深い森の中、どこもかしこも真っ黒の王様、一人の女の子に恋をした。

    簡単な詩です。
    初めて自分なりに納得して書けたものだと思っています。

    お暇があればどうぞ。

  • 少女の唄
  • 待ち人

    • 詩・ポエム,恋愛
    • 完結
    • 4P
    • 閲覧数0

    とにかくひたすら待ち続ける話。

    待って、待って、待って・・・。


    はたして彼らは”待ち人に会う事”が出来るのでしょうか?

  • 待ち人
  • 二重人格

    • 詩・ポエム
    • 完結
    • 2P
    • 閲覧数0

    世界にはもう一人の自分が居る。
    自分はもう一人の自分には気付かなくても、彼は私の事をなんだって知っている。


    なんて事があったら面白いかなーって思って書いた話。

    一応二重人格という詩を二つ一緒にしちゃったもの。

  • 二重人格
  • 真っ白な雪

    • エッセイ
    • 完結
    • 7P
    • 閲覧数0

     戦場に真っ白な雪が降り積もる。
    男は瀕死の状態で空を眺めていた・・・。

  • 真っ白な雪
  • いつも残るのは片方だけ

    • 短編/SS
    • 完結
    • 1P
    • 閲覧数244

    二つ対で買ったものは最後
    必ず片方無くしちゃったり、
    壊れたりしてしまうものだと私は思っています。



    もともと、FE暗黒竜として書いていたものですが
    分からなくても普通に読めます。

  • いつも残るのは片方だけ
  • 追いかけたものほど手に入らない

    • 詩・ポエム,恋愛
    • 完結
    • 1P
    • 閲覧数231

    絵本の中、必死に兎を追いかけるアリスという名の少女。
    そんな女の子の姿がいつの間にか私の行動と被っていた・・・


    まぁそんな詩です。

  • 追いかけたものほど手に入らない
  • 35分間の自由

    • 詩・ポエム,恋愛
    • 完結
    • 1P
    • 閲覧数0

    友達のオリジナルキャラクター用に遊びで書いてみた詩です。

  • 35分間の自由
  • 蒼炎の瞳 ~The blue eye~

    • 冒険,ファンタジー
    • 連載中
    • 1P
    • 閲覧数0

    中学の頃に長編を書いてみようと心に決めて書きだした小説。
    今の時期に題名だけ読むと思いっきり某アニメが頭をよぎる・・・。
    ただのオリジナルです。

  • 蒼炎の瞳 ~The blue eye~