• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

閲覧制限:R-18小説一覧はこちら

ひかりげんき(旧 もけりん)さんの小説

  • 僕のちっちゃな妖精くん

    • 詩・ポエム
    • 完結
    • 1P
    • 閲覧数303

    いつも近くにいるよね、
    ちっちゃな妖精くん

    でも姿は見えない

    そんな妖精くんを詩にしました

  • 僕のちっちゃな妖精くん
  • Ring a ding dong

    • 詩・ポエム
    • 完結
    • 1P
    • 閲覧数272

    クリスマスに降るたくさんの雪

    聖なる贈り物なんだねって考えていたら詩になりました

  • Ring a ding dong
  • 祝福 〜あーちゃんとぼくとみんなのしあわせ〜

    • 詩・ポエム
    • 完結
    • 1P
    • 閲覧数367

    先日、うさぎくんが天に召されました
    19歳のあーちゃんと、お姉ちゃんが可愛がって育ててきたうさぎくんです

    詩ではあーちゃんに語りかける形で書いています

    ふたりが注いだ愛情
    そして
    ちいさないのちが語りかけるメッセージ

    いのちに好きも嫌いも 特別も何もないということ
    命は尊い ということを受け取っていただければ幸いです

  • 祝福 〜あーちゃんとぼくとみんなのしあわせ〜
  • 『ちいさなひかりのいくところ』

    • 詩・ポエム
    • 完結
    • 1P
    • 閲覧数487


    詩は全部で2編に分かれています。

    ひとつは、
    病に悩み苦しむ方のために書いた『花』

    もうひとつが、『ちいさなひかりのいくところ』

    です。

    叙述はやさしく、純粋に描いています。

    いつも子供のようにまっさらな心でいる方へのメッセージとして創りました。

  • 『ちいさなひかりのいくところ』
    • 詩・ポエム
    • 完結
    • 1P
    • 閲覧数434

    はかなくも生きている小さな花

    でも、そんな花である「私」は生きているんだよ

    そんなメッセージを詩に託しました

    この詩を、
    稲姫さん、そして彼女を支える全ての方に捧げます

  • 花
  • 出会いと別れ

    • 詩・ポエム
    • 完結
    • 1P
    • 閲覧数310

    一年の最後の日を迎え、
    新しく年を迎えるあなたに

    この気持ちをお伝えします

  • 出会いと別れ
  • Rainbow

    • 詩・ポエム
    • 完結
    • 2P
    • 閲覧数392

    子供のころ、虹のふもとには財宝があるって信じませんでしたか?

  • Rainbow
  • 大人への階段

    • 詩・ポエム
    • 完結
    • 1P
    • 閲覧数346

    何気ない日常でも、気が付くと良いことがあるんだって感じる詩にしました

  • 大人への階段
  • 夜の蒼

    • 詩・ポエム
    • 完結
    • 1P
    • 閲覧数427

    この詩は、帰り道にふと見た夜の蒼がきれいで、
    思わず書いたものです

    文章より
    実際に見た方が真実味があります

  • 夜の蒼
  • ウルトラマン弱(ジャック)

    • ファンタジー
    • 完結
    • 272P
    • 閲覧数2076

    この物語は、いじめられっ子の小学生がある日の帰り道、河原に咲く花を見て気分転換をしている時に突然地球侵略を迎え撃つヒーローに選ばれてしまい、地球を守るために戦う羽目になる、というところから始まります。

     戦闘ものの場合、経験を積むとレベルアップするという定番の決まりがありますが、レベルアップってそもそも何? どうして強くなるの?

     いや、そもそもウルトラマンって何者?
    どうして変身できるの?

    この作品では、精神世界における成長という考え方を取り入れることで、この謎を独自の世界観で解明しています

    『心がきれいになる戦闘小説』 (SFファンタジー)

    不思議な表現ですが、物語が進むにつれ、納得いただけると考えています

    司会付きバトルシステムなど楽しい仕掛けもちりばめております。

    文字数は、原稿用紙換算で500枚強
    かなり長い小説ですので、のんびりとお読みください

  • ウルトラマン弱(ジャック)
  • 鏡の世界(なか)へ

    • ファンタジー
    • 完結
    • 119P
    • 閲覧数1321

    主人公神野ミウは高校1年生

    ある日所属するオカルトクラブで話題の合わせ鏡をやってみると、鏡の中に木製の大きな扉が現れた

    その扉を開けた翌日から、いつもと同じようで、どこか違う一日が始まる

    (長編小説です)

    ※別サイトで掲載していましたが、コストの関係でこちらに越してきました

     ペンネームはひかりげんき なのですが、ブログネームで表示されていますので、ご了承ください

  • 鏡の世界(なか)へ