• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

閲覧制限:R-18小説一覧はこちら

蔵次郎さんの小説

  • もうひとつの伯林(ベルリン)【オルフェウスの窓ssOp.6】

    • 短編/SS,恋愛
    • 連載中
    • 110P
    • 閲覧数21653

    Ⅷ(もうひとつのロマンス)、ロシアでの濃密な愛の記憶をたぐりよせるアレクセイ。
    ロシア革命100年記念、原作第4部の前提条件を1つだけ変え、もし革命後もアレクセイが生きていたらというお話です。
    「ダーヴィト・ラッセン回顧録」第25話から枝分かれし、独立させました。
    ************
    Ⅰ(ゲオルク・スターラー):生き残ったアレクセイ
    Ⅱ(すずらん):モスクワに向かうアレクセイ
    Ⅲ(大地):クレムリンで仕事をしながら感じる政権への違和感と、時折思い出す少年時代のこと
    Ⅳ(クラスノヤルスク):6年近くユリウスを探すアレクセイ、そして、ズボフスキーとの再会
    Ⅴ(極東):亡命という言葉が脳裡に浮かぶ一方、祖国ロシアへの変わらぬ思いを抱くアレクセイ。ハバロフスクで意外な人と出会って聞いたユリウスの行方
    Ⅵ(伯林):ユリウスを探し続け、外交官として懐かしいドイツの地に降り立ったアレクセイ。本国からの指示を受け、皇女アナスタシアを名乗る女性の身元を確認するため、郊外のサナトリウムに赴くと、そこには長い金髪をなびかせて走る男装の女性が…!
    Ⅶ(楽器):再会したダーヴィトと語り合う懐かしい少年時代
    Ⅷ(もうひとつのロマンス):伯林で再会した二人がたどる愛の記憶


    【扉絵:René François Xavier Prinet, Kreutzer Sonata(1901)】

  • もうひとつの伯林(ベルリン)【オルフェウスの窓ssOp.6】
  • ダーヴィト・ラッセン回顧録【オルフェウスの窓ss Op.5】

    • 短編/SS,恋愛
    • 連載中
    • 275P
    • 閲覧数55733

    第27話(バイロイト祝祭劇場)、哲学者ダーヴィトの直面する悩み。
    *****
    クラウスとの少年時代の思い出【第1話~第4話】。
    あのカーニヴァルの後、彼の激しい心のうちを知ります【第5話~第9話】。
    クラウスと一緒に過ごした最後の夏休み【第10話、第11話】。
    初雪とともに訪れたクラウスとの別れ【第12話、第13話】。
    数年後のパリで見かけたユリウスの姿【第14話】。
    縁談と忍び寄る戦争の影【第15話】。
    ウィーンで出会ったアナスタシア【第16話】。
    音楽とともに思い出すクラウスのこと【第17話、第19話、第20話】。
    ストラディヴァリとクラウスの父【第18話、第18話bis】。
    ロシアから戻ったユリウスとの再会、そしてマリア・バルバラとの出会い【第21話~第24話】。
    ユリウスを探しに、マリア・バルバラとともに向かったベルリン【第25話】。
    ベルリンで悲しい現実に直面するダーヴィトとマリア・バルバラ【第26話】。
    マリア・バルバラへの求婚、そして愛の日々【第27話】。

    【Photo by Scherling Antal Szatmár, 1906】

  • ダーヴィト・ラッセン回顧録【オルフェウスの窓ss Op.5】
  • ショパン・バラード第1番【オルフェウスの窓ss Op.4】

    • 短編/SS,恋愛
    • 連載中
    • 42P
    • 閲覧数13521

    第5章(白夜のバラード)。アレクセイの父が好きだった詩は、10数年前のドイツ、あの枯葉のなかで見た秋の夕陽を思い出させるものでした。
    ***********
    シベリアのアレクセイとすずらん【序章】。
    バラードともに思い出すミモザの晩の鮮やかな記憶【第1章】。
    ユリウスと再会した晩の苦しみ【第2章】。
    そして、ミハイロフ邸で聴くバラードと夏の光の思い出【第3章】。
    ユリウスに語るトボリスクのこと【第4章】。
    父の書斎で見つけた楽譜に、ドイツでの少年時代を思い出すアレクセイ【第5章】。

    【扉絵:Auguste Rodin, L'Éternel Printemps】

  • ショパン・バラード第1番【オルフェウスの窓ss Op.4】
  • イーレ・ムッター【オルフェウスの窓ss Op.3】

    • 短編/SS,恋愛
    • 完結
    • 4P
    • 閲覧数4878

    <アレクセイの苦悶③> 彼女の歌うドイツの子守歌を聞いた日、アレクセイは、衝撃的な事実を知ります。ベートーヴェンのピアノ・ソナタ「テンペスト」が、宿命のように響きます。

    【Photo:Ahmed Chergui】

  • イーレ・ムッター【オルフェウスの窓ss Op.3】
  • 真っ赤な冬ばら【オルフェウスの窓ss Op.2】

    • 短編/SS,恋愛
    • 完結
    • 7P
    • 閲覧数5895

    <アレクセイの苦悶②> 記憶を失った彼女に向かい合うアレクセイ。ドイツのあの街のあちこちに咲いていた真っ赤な冬ばらとともに、二人は心をかよわせていきます。

    【Photo:Daniel Fernández】

  • 真っ赤な冬ばら【オルフェウスの窓ss Op.2】
  • ミハイルが死んだ日【オルフェウスの窓ss Op.1】

    • 短編/SS,恋愛
    • 完結
    • 3P
    • 閲覧数8657

    <アレクセイの苦悶①> 歳月を経て、ユリウスに再びめぐりあったアレクセイ。変わらぬ気持ち。しかし、そこに飛び込んできた衝撃的な知らせ。アレクセイの苦悩は深まります。

    【扉絵:James Griffin】


  • ミハイルが死んだ日【オルフェウスの窓ss Op.1】