• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

閲覧制限:R-18小説一覧はこちら

霞 降夜さんの小説

  • After the Rain -放課後のうたうたい-

    • 青春
    • 完結
    • 40P
    • 閲覧数482

    読みきりの短編を積み重ねた、シリーズものです。
    時系列に並んでいますが、どこからでもお気軽にどうぞ。

    わたしは歌うたいではないけれど、
    物書きとして、同じ想いを重ねながらつづっています。
    彼らが「なぜ、何のために歌うか」を模索しているように、
    私もまた、この先の彼らに何を投影するのか、模索中です。

  • After the Rain -放課後のうたうたい-
  • Discography -放課後のうたうたい

    • 詩・ポエム
    • 完結
    • 5P
    • 閲覧数463

    小説『After the Rain - 放課後のうたうたい-』に出てくる、
    高校生ミュージシャンたちの、自作曲の詞を紹介しています。

  • Discography -放課後のうたうたい
  • 牛丼とジンジャーエールの夏。

    • 青春
    • 完結
    • 6P
    • 閲覧数488

    駆け抜けていく夏に、ふと足を止めてみる。
    取るに足らない時間の中で、二人の青年が見つけたものとは・・・。


    Web小説家、MIYAKOさんとのコラボレーションです。
    台詞の掛け合いから、二人のキャラクターが生まれました。

  • 牛丼とジンジャーエールの夏。
  • white snow blind

    • SF
    • 完結
    • 16P
    • 閲覧数446

    タキは、『視る』力を生まれ持った超能力者。
    雪ばかりのこの地で、今日も諜報活動に精を出す、はずが……。

    過去作品を加筆リメイクした、完全版です。
    彼の生きた背景も、未来も、当初は描かれていませんでした。
    やっと決着をつけることができました。
    そこまで私を成長させてくれた、全ての出会いに感謝します。

  • white snow blind
  • Sleeping Purple Eyes

    • SF
    • 完結
    • 16P
    • 閲覧数417

    サイコキネシス(念動力)を操る超能力者シュラと、
    荒廃した時代を生き抜く、レジスタンスの仲間たち。

    公開しているお話の中でもっとも古く、
    当時「書きかけ」を書き散らしてばかりいたわたしが、
    初めてどうにか決着させた、節目となる思い出の作品です。
    つたないながら、雰囲気だけでも味わっていただければ。

  • Sleeping Purple Eyes
  • 翡翠獅子 -ひすいのしし-

    • アクション
    • 完結
    • 15P
    • 閲覧数426

    「酔拳が描きたい」、そんな言葉と共に出会った一枚の絵。
    ワクワクする気持ちがあふれて、こんなキャラクターが誕生しました。
    サークル仲間との共同企画!

    [作画] やぐちふみたか氏
    http://blog.livedoor.jp/fmitaka/
    -宇宙漁船・第二きまぐれ丸(改)-

  • 翡翠獅子 -ひすいのしし-
  • 夜光星 -やこうせい-

    • 青春
    • 完結
    • 3P
    • 閲覧数345

    日常の濁流に飲み込まれた僕は、頭一つ飛び出した先で「彼」を見た。
    まるで、それはもう一人の僕。なのに、星のようにふいに光る。

  • 夜光星 -やこうせい-
  • 色は匂へど。

    • 恋愛
    • 完結
    • 3P
    • 閲覧数332

    彼女の名は「いろか」。小さな廓で、鮮やかに羽を広げて生きる。
    瞳に映った琥珀の色は、やさしい夕刻の風に似て・・・。

  • 色は匂へど。
  • 一期一会

    • 青春
    • 完結
    • 1P
    • 閲覧数316

    往き過ぎていった憧れの「彼」、その背を追いかける「僕」の回想。
    ありがとうの気持ちを、一人のあなたに向けて。そして、たくさんのあなたに向けて。

  • 一期一会
  • 卒業の日、僕は

    • 青春
    • 完結
    • 2P
    • 閲覧数335

    美大生「サトシ」の、小さな挫折と再起の物語。
    誰だって、人の助けが必要な季節は来るし、そこから巣立つべき時もきっとやってくる。

  • 卒業の日、僕は