森の小さなカフェ屋さん

街の奥隅にある森の中。そこの森には不安や悩みを持つ人々が辿り着くと言われている小さなカフェ屋さんがあった。

-嫌な事や悲しい事があったなら、おいで。

-苦しい事や失った事があったなら、おいで。

そういう声が微かだが森の中に聞こえてきた。
さて、君は何を頼む?
レモンティー?ミルクティー?ハーブティー?
ショートケーキ?チョコレートケーキ?チーズケーキ?
君が口にするのは・・・。

ちょっぴり温かくて時には切ない童話短編ファンタジー。


【注意事項】
この小説はオリジナル作品です。
なお、この小説の無断掲載やコピーを固く禁じています。