永遠の溝

ある思いを込めて、綴りました。

自分がその思いを、最も表現しやすい形が詩なのかなと・・・

読んでいただいた方それぞれの解釈で、感じ取っていただけたら嬉しいです。

目次