地下666フィートの希望

ある日突然、大学生の弐大拓郎は見知らぬホテルのベッドで目を覚ます。

そこは、地獄のような場所だった。狂気に取り憑かれた人々が武器を手に、他の人間を襲っているのだ。
命からがら襲撃者の魔の手から逃れた拓郎は、そこで出会った生存者たちと協力し、閉ざされたホテルからの脱出を目指すことになる。

しかし彼らは知らなかった。悪夢は、まだ始まったばかりだということを。


逃げ場のない極限サバイバルが今、幕を開けた。