ドクター・フェルを捜せ

のちに仲間内から「なんでも屋」と呼ばれ、それこそ雑多な仕事をこなす内に、本格的に探偵事務所を開くことになる須藤健太郎の、高校生の頃のこれはちょっとした事件?である。

時代は19XX年。今や一人一台が当たり前の携帯電話すらほとんど普及していなかった頃の話だ。
インターネットも今のように発達していない。主な情報源は紙媒体(新聞)。そのような時代背景を理解しつつ、読み進めてもらいたい。