銀色の三日月

許して欲しい。
貴女から愛しい者を奪っていく僕を。
この世に生を受けたときから決まっていた
哀しい運命を―。

少し気弱で泣き虫な
新米死神「僕」のお話