END OF THE WORLD

日々に燻っている青年が今の暮らしを捨てて海を渡る決心をした。
故郷の見納めにと話しかけた一人の老人。するとその人は言った。
「世界の果てを知っていますかな?」

 

目次