神田川散歩

黒柴犬を飼っていて、よく神田川沿いを散歩します。

この写真みたいに広々したところで、遊ばせてやれたらイイのだけれど、なかなか連れて行ってあげれません><;

東京では、リードを放してあげるわけにはいかないし、車や障害物に気を使ってばかりの散歩。
ほとんど自然も残ってないけれど、それでも季節の花々やちょっとした出会いはあります。


動物は、人間より優雅だなぁと感心することがあります。

犬は人間とのかかわりの中で、ペットとして人間に従って生きていますが、実は本能的に人間より賢いところがあるように思えます。

そんなことを考えながら散歩している時に、浮かんだショートストーリー。

童話として書いたわけではないですが、一番童話が近いなということで、童話のジャンルに入れてみました。

感想など頂けると、嬉しいです♪

目次