月夜に溺れて

古い一軒家の窓辺に座り煙草に火をつけると軽く吸い込んだ。
続木雪久(つづきゆきひさ)はぼんやりしながら外を眺めている。ふと階下から名前を呼ばれて立ち上がると銜え煙草で階段を下りた。『なんだ?』
階下の台所では親友の真舌義直(ましたよしなお)が背を向けている。『客だ。出てくれ。』

目次

  • 1
  • 1P
  • 2
  • 4P
  • 3
  • 8P
  • 4
  • 12P
  • 5
  • 15P
  • 6
  • 18P
  • 7
  • 21P
  • 8
  • 24P
  • 9
  • 27P
  • 10
  • 30P