ふたりの夫 1話

あらすじ
全ての始まりは上司に一目ぼれした女が一人の男を操り、人生を狂わす。そんな女と上司の結末は、・・赤シャツは?、そして新谷敦子の決断は、どうなるのか、上司と部下とのやり取りは前代未聞。
・・・
夏休みで2泊3日の旅行に出かけることにした。企業と提携している、ちょっぴりリッチな指定旅館。ここを選んだ理由は駅前繁華街を抜けてすぐに旅館があるからで、無精な私は美味しいものを食べて温泉に入れれば、それで満足だった。

目的地で電車を降りると、ムッとする暑さに襲われてしまい、慌てて駅ビル内の繁華街に駆け込んだ時は、住んでる街と変わらぬ店が並んでいたのにはがっかり。ただ地下街には新鮮な海の幸も目立ち、ご当地名産が誇らしげに並んでいるのを見て、生ビールと海鮮丼を注文。安くて美味しくて鮮度抜群なのが嬉しい。こんなことで人生満足する私は、なんて安上がりな女なんだろうと考える。

美味しさだけでは満足出来ない人は不幸だと言わんばかりに、隣の子連れ夫婦が慌ただしく出ていくのを何気なく目で追った。

お腹が満たされると、今度は素敵なカフェに立寄る。レトロな喫茶店の珈琲に満喫、そして目的の旅館でバイキングとかけ流しの温泉に入る旅なのである。

目的の旅館は、かなり格式高く豪華な造りになっていたのには、逆に裏切られたような気持で「当たり」だった。チェックインまで時間があったので、ラウンジでお茶を飲むことにするが
そのやる気のなさは、いつも仕事で動き回って頑張っているんだからと新聞を読むのも納得している。

すると広げた新聞の向こうに派手な赤シャツにジーンズの姿、どこかで見掛けたようだけど思い出せない。その時フロントから「加藤様~」と呼ぶ声で、その赤シャツの男が立ち上がり受付を済ませる。私の前を通り過ぎるとき0802と口にすると、その数字にピンときてしまう。

なぜなら私の誕生日が8月2日満30才、忘れられない出来事であり区切りのある旅なのだ。

その流れで私に対しても「お泊りのお客様ですか?」と聞いて来た。

「はい」

名前を告げると、準備出来ているという。

受付を済ませ部屋のカードを渡された数字が0801「あ!」あの赤シャツ男が私の誕生日0802だと思い出す。

目次