インターネットファイター

 これは少し先の未来の、とある少年達の物語。
 人々は一等市民と二等市民、大きく分断された社会の中で生きている。
 そこでは生活エリアから職業、財産など様々な分野で格差を生み、人々の不満の目を逸らす目的で、インターネットファイティングが広く行われていた。

 インターネットファイティングとは、2人のプレーヤーがヘッドギアを被って仮想空間上のリングで1対1の拳闘をする、市民の間でとても人気のある格闘技である。
 
 プレーヤーはインターネットファイターと呼ばれ、勝者には地位と名誉と財産が与えられる。
 しかし、頭部に致命傷を受けると、ヘッドギアから容赦なく高圧電流が放出されて、最悪の場合死に至ってしまうのである。

 一等市民の高校生柏木邦彦と華田梓は、仲のいい幼馴染。
 これまで2人は共に過ごしてきたけれど、梓の父親の汚職が発覚。二等市民落ちの危機に陥ってしまうのである。

 そんな彼女の窮状を救ったのが、同じ高校のハイカーストの少年、伊達徹。
 結果、邦彦は幼馴染の梓を徹に奪われてしまうのである。

 傷心の邦彦は、心身共に鍛え上げることで苦難に立ち向かってゆく。
 そして、邦彦は念願のインターネットファイティングデビューを果たすと、次々と勝ち星を上げてゆくのであった。

   *          *

 大体1ヶ月程で、短期集中の連載をしようと思います。
 内容は近未来SF、アクション、学園、ラブコメディーといったところでしょうか。

 残酷な描写、お色気も入れざるを得ないため、一応R15指定でお願いします。
 原稿はもう出来上がっていて、全29話。総文字数で大体10万字になります。
 
 出来立てほやほやの作品です。
 どうぞヨロシク!