• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

大蔵経へんろ:仏本行集経(ぶつほんぎょうしゅうきょう)

国訳大蔵経を読み思索する、私のこころのへんろ旅です。仏教とは何なのか、仏典は、何を伝えたかったのかを、私も共有したいと願う試みです。
今回は、仏本行集経(ぶつするほんぎょうしゅうきょう)です。
釈尊がなぜ、出家し、何を求め、何を悟ったのかについて触れています。
内容は、釈尊が成道して六年(または二年)後に説かれた、悟りに至るまでの出来事を、弟子たちへの懐古談という形になっています。
この経は、インド北部の僧ジャナータグプタ、漢名「闍那崛多(じゃなくった)」が、隋の開皇七年から十一年(西暦587~591)に漢訳したものです。我が国にも、奈良時代の光明皇后が発願した写経が現存しています。

「佛本行集經」の読み方については、いろいろあります。コトバンクでは「ぶつほんぎょうじっきょう」、文化庁の文化財登録名では「ぶつほんぎょうじゅっきょう」とありますが、今回は国訳大蔵経のルピ「ぶつほんぎやうしふきやう」に合わせました。