• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

暫く二倍でお送りする客寄せに作る掌編 その八

 SEED映画製作が再開されたな、アンチ種の自分としては嬉しい限りだ……如何もdarkvernuです。
 今回は『アズナーの戦士ガイン』と『殺人警察』の最終回をお届けします。
 一本目は最大六ページで一ページ辺り六百から八百字以内でお送りします。
 二本目は最大六ページで一ページ辺り九百から千字でお送りします。
 SEED映画最大の功労者は西川だ、彼の熱意はどっかのやる気がない監督よりも百倍も迸るからな。まあ其処は其処だとして問題は死んだ嫁のプロットが何処から何処迄なのか? 其の後は何処迄嫁のプロットを引き継いだ脚本家の手で進んでいるのか? 此の辺が肝だな。取り敢えずハサウェイは何としても観るけど、SEEDの映画は多分……観に行かないとは思う。思うけど、やはり気に成る点だな。唯わかるのは嫁の手を離れたシナリオは下手糞な台詞回しや無知丸出しな「此れ凄いですよ」文章が幾分かましに成っている気がするって事だな。

 追記
 御詫びの奴だけど、成ろう系異世界物は大体RPGじゃん。其処で若しもRPGキャラが現実の世界に飛ばされたら如何なるかを物語にしようと思ってやっている。実験的な奴なので何処迄面白く出来るかは未知数だな。

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数: