• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

初心に返って客寄せに作る掌編 その十一

 如何もdarkvernuです。又ドラスタは誰かの臓器移植を受けるのか……猿先生のドラスタ虐めは度が過ぎるぜ!
 今回は『農家の米』と『踏ませる地雷』の二本立て。どれも限界字数だが、一ページで収める内容だぜ!
 ドラスタが悲惨な状態の中でキー坊は未だドラスタ蔑るのかな? 流石にキー坊を此れ以上ドラスタ嫌いを貫き通すのは鬼龍さんと同じ態度をさせるようで胸糞悪過ぎだしなあ。幾ら鬼龍さんが自らの後継者と推しても、なあ……鬼畜な振る舞いは鬼龍さんだけで十分だしさあ。

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数: