マーガレット・ミッチェルの、「風と共に去りぬ」から考える

偽善と悪について