官能小説

成人向けコンテンツについて
R-18

ここから先は未成年にふさわしくない成人向けの文章が含まれています。

18歳未満の方、もしくはこのような小説を不快に感じる方は「入室しません」を選択してください。

上記の内容に同意される場合のみ「入室します」をクリックしてお進みください。

スコーピウス・マルフォイをめぐる三つの愛の物語 R-18

「尽くす愛」「遅かりし愛」「奪われる愛」アナタならどうする!?
ハリポタのScorbusものの二次小説です。ドラコ・マルフォイの息子スコーピウスの愛をアルバス、ローズ、そして狂気的な執着心で追い回す攻のブランドンが奪い合います。アルバスとスコーピウスは、親が敵どうしであるにも関わらず、11歳の初対面から互いに一目ぼれで、無二の親友でした。スコーピウスが従妹のローズと付き合いかけているのを見て自分の気持ちに気づいたアルバスは、スコーピウスを誘い、強引に関係を持ってしまいます。スコーピウスは、アルバスが猛勉強して自立することを条件に、彼を受け入れるのでした。魔法省入省後、ローズがスコーピウスに再接近する場面もあり、アルバスはやきもきします。そして、最大の危機が・・・。スリザリン出身の強力な魔法使いブランドンがスコーピウスを卑怯な手で陥れ、関係をもってしまうのです。スコーピウスの方も、野性的なブランドンに次第に惹かれていき、そして・・・。