結婚式帰り R-18

以前「法事帰り」と言う作品を書きました。
この手の話を書くときの原点は、そのシュチュエーションにあります。
今回の話はどの様な状況下で書こうかと言う処から始まります。
それが決まれば、割と簡単に書き上げることが出来ます。
但し内容はいつも似たり寄ったり、マンネリ感は否めません。
今回は法事では無く、結婚式を取り上げてみました。
この作品を書く切っ掛けになったのは ネットで観た外国のポルノ作品です。
タイトルは「I want my son to be my husband」と言うもの。
意訳すれば、「夫とする様に、息子としたい」こんな感じですかね?
何処かで見つけたら、ご覧になってみては?
11月より更新します。

目次