rojiken

ビジネス社会を卒業して、今年(2013年)で十年目を迎えました。その間、画板を抱えて、欧州・アジア十カ国と日本各地をスケッチ旅行して過ごしました。そして描きためた絵の数が1000 枚に達しようとしています。今夏、その中から「路地」と「水辺」をテーマとして取り上げ、自主出版を致しました。同時に大阪・道頓堀「ギャラリー香」で個展も開催させて頂き、多くの方々にお越しいただきお世話になりました。ロミーゴ文集では、本文より一部抜粋して掲載したいと思います。


題名「路地の愉悦 水辺の至福」

雅号「路次健」(ろじけん)

出版社「㈱パレード」

定価「2500円+消費税」

(アマゾンで販売中)じめに









ビジネス社会を卒業して、今年(2013年)で十年目を迎えました。その間、画板を抱えて、欧州・アジア十カ国と日本各地をスケッチ旅行して過ごしました。そして描きためた絵の数が1000 枚に達しようとしています。今夏、その中から「路地」と「水辺」をテーマとして取り上げ、自主出版を致しました。同時に大阪・道頓堀「ギャラリー香」で個展も開催させて頂き、多くの方々にお越しいただきお世話になりました。ロミーゴ文集では、本文より一部抜粋して掲載したいと思います。


題名「路地の愉悦 水辺の至福」

雅号「路次健」(ろじけん)

出版社「㈱パレード」

定価「2500円+消費税」

(アマゾンで販売中)