• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

エトランゼ1

私はきっと若くして死ぬだろうと
当時の画家たちが病に次々に倒れて行くのを知っていて
漠然とそう思っていた。
無駄に過ごす時間は自分にない。
どこの空の下で息絶えようと本望だ。

目次