――数百年探し求めてきたものに、今、ようやく触れることが出来ると思った。

吸血鬼の物語。

超短編です。

目次