• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

盗作犯が殿堂入り プロローグ

本体(以前から使用しているユーザー名)と酷似したユーザー名で中傷をつづける”小説が書けない盗作犯”。わざわざ正体がわかる名前を付けたのはなぜなのか?

閲覧数の水増し、レビューや感想欄における中傷、これらはH氏に対する盗作犯の嫌がらせであるが、数を増やせば殿堂入りが可能。盗作犯は別のユーザー名を使用し、殿堂入りを狙っていると、H氏は推理している。

目次