• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

錆のにおいがするまち

母校の小学校から連絡が来て掘り起こしたタイムカプセル。
そこから出てきた手紙にはこう書かれていた。
「30才のぼくへ 今のぼくはどこまで遠くに行けますか?」
どういう意味だろう。
そう思った時、何かが手紙からひらりと落ちる。
それは1枚の250円の切符だった。
僕は思い出す。
握り締めた500円玉の匂いと小学生の自分の泣き顔を。

ハチノスさん(http://alveare.xxxxxxxx.jp/)からお借りしたお題を使った小説になります。

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数: