流行語大賞は狙って取れない

主人公の麻田義男は平凡で冴えない元陸上自衛隊員。あるとき昭和の参謀瀬島龍三とシベリア抑留を供にしたという謎の老人から情報をもらったことで世論を左右できる国際コミンテルン様組織から命を狙われることになる。また、義男の呑む味噌汁は鰹だしが利いている。