• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

夢日記

私はよく「夢」をみます。
過去に、あまりによく「夢」をみるので
「夢」と「現実」の区別がつかなく
なってしまうような時期もありました。

それくらい強烈にみる「夢」も
時々、目覚めた瞬間にきれいサッパリ
忘れてしまうこともあります。

そんな夢の記録簿です。