オルフェウスの窓 ②

まったくの個人的妄想でございます。
思うままに書いていたら、あらあら・・・
ほんとに思いつくままです。

ロシアでのお話だけでなく、レーゲンスブルク時代のことも綴ってみようと思います。

拙い文章を読んでくださる方がいらっしゃることは、とても励みになります。ありがとうございます。