250年前

実家にいると、中学生であろうか 
「ごめんください」男の子ふたりが来訪する。

目次