• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

ダーヴィト・ラッセン回顧録 オルフェウスの窓ss Op.5

第34話(鞄(かばん):p.388~)、ユリウスがロシアから持ち帰った鞄に入っていたもの。
***
各話は一話完結型ですので、どこからでも読んでいただけます(カッコ内の数字はページを示します)。
《プレ第1部:ユリウスと出会う前のクラウスとダーヴィト》
一緒に過ごした少年時代【第1話(1)~第4話(15)】。
《第1部の周辺》
カーニヴァルの後のクラウス【第5話(21)、第6話(26)、第7話(30)、第8話(33)】。
クラウスがユリウスをボートに誘った夏の日【第9話(36)】。
クラウスと一緒に行ったロンドンとウィーン【第10話(40)、第11話(56)】。
初雪とともに訪れたクラウスとの別れ【第12話(67)、第13話(75)】。
《第2部の周辺》
大戦前のパリで見かけたユリウスの姿【第14話(79)、第15話(97)】。
ウィーンで出会ったアナスタシアとストラディヴァリ【第16話(111)】。
大戦中に思い出すクラウスと一緒に行ったヴァチカン【第17話(127)】。
ストラディヴァリとクラウスの父【第18話(144)】。
母が語る白夜のサンクト・ペテルスブルク【第18話bis(150)】。
音楽とともに思い出すクラウスのこと【第19話(163)、第20話(165)】。
《第4部の周辺》
ロシアから戻ったユリウスとの再会、マリア・バルバラとの出会い【第21話(178)】。
ユリウスが弾くピアノに感じるクラウスの面影【第22話(198)、第23話(211)、第24話(224)】。
ユリウスを探しに、マリア・バルバラとともに向かったベルリン【第25話(235)、第26話(250)】。
《ポスト第4部と第1部の周辺》
マリア・バルバラへの求婚【第27話(265)】。
窓の閉鎖を心配するイザーク。クラウスが窓に昇った理由【第28話(287)、第29話(294)】。
1900年、クラウスとの出会い、愛した従妹、ダーヴィトの原点【第30話(308)、第31話(323)】。
ダーヴィトの求愛に戸惑うマリア・バルバラ【第31話bis(340)】。
ユリウスに口づけをした日。原作の名言「唇に触れればわかる。」【第32話(350)】。
冬のヴェネツィアとクラウス【第33話(364)】

【Photo by Scherling Antal Szatmár, 1906】