信仰する人たち

小説です。とある架空の宗教団体に女性との出会い目的で入団した主人公松木は、この宗教団体でいろいろな人と出会い、宗教団体ならではの数々の問題に遭遇する。
宗教の教義に傾倒しない松木の視点で、宗教と社会、そのなかにある階級と組織、そこに生きる信仰する人たちとの関係から自分の生き方を見いだしていく物語。

目次