コンクリートの道の上

どれも、みんな繊細で傷つきやすく、そして綺麗に並べられているようだった。そこにひとつだけ、ぽつんとあったもの、それが孤独だということを教えてくれたのは、冬子だった。