サクラ砂漠

サクラが咲いている
蕾がまだ時を待つ
砂漠が荒れている
砂がサラサラと流れている
荒城の月がそれらを歓迎した
僕は時を待ち荒れていた
社会は過程を拒み
社会は砂漠とサクラを観て泣いていた
鳥のさえずりが僕達を鳴かせる
肝心な事はもう何も存在しない
重要な季節は時のみを待ち続けていた

目次