鹿の薗

三宝絵詞という仏教説話の「九 鹿王」の意訳です。物語の構成を変え、表現も内容の通る意訳としました。よい話なので、自分の表現でリライトしたくて、まとめてみました。調べてみたら、幼かった尊子内親王の仏教入門のために作られたらしいので、「児童教育書」という観点から童話のジャンルにいれさせてもらいました。

目次