ボカロイメージ小説〜ダンシング☆サムライ 秘剣・左逆手居合〜

ひっさびさのVOCALOID小説は、カニミソPさんの名曲「ダンシング☆サムライ」

素敵なイラストはこちらから
諒霖 さま
http://piapro.jp/t/KmRc

実はこれ、作者が人生で初めて聴いたボカロ曲なんですよねー。まだボカロの存在さえ知らなかった頃にオタクな友達の(まあ友達はほぼ全員オタクですが)車の中で聞いたのが最初でした。

うん、初聴の感想は意味わからんでしたけどね。音楽といえば商用音楽しか知らなかった時分、インディーズどころか趣味で機械音声で歌わせてる曲とかイミフ過ぎて・・・

それが今では世界を席巻する巨大文化ですよ!

とまあ、そんな思い出深い曲を遂に小説化してみました。ジャンルはなんちゃって時代劇ですので時代考証とかガチ無視です。変なところあったら「こいつ馬鹿だな」と笑ってください。

それでははじまりはじまり〜(・ω・)ノ

追記。
一応がくぽ×ルカのつもりです。