華子(なこ)

2つ年下の甥が亡くなった。義理の兄貴の一人息子で親父が死んだとき年老いたおふくろとともに引き取られ兄弟のように暮らした今では唯一の肉親だ。その次女が華子(はなこ)である。このなこを不憫だと思った時からこの物語は始まります。