鬼神の契約

小鳥遊祀星は猫神である夜月と契約を結んでから数日が経過し、
生活も大分落ち着き始めていたころ。
幼馴染である小鳥遊咲良から衝撃の告白を受ける事になる。

そんな中、神々の世界では一体の鬼が力を蓄え人間界へと奇襲をかけようとしていた。
夜月が不在になった人間界はどうなってしまうのか。
そして、神々の世界、人間の世界で同時に暗躍する者の招待は。

契約シリーズの第二弾。
更新が遅れてすいませんでした。dy作者