デリック#10

前回までのあらすじ
国家機密の死刑執行機関、特別執行局、通称デリック。
普通の大学生だった山田亮は、ひょんなことからデリックの一員として勤務を開始する。
彼の公式初勤務は、あまりにもおぞましい猟奇的幼児殺人犯だった。
亮は心に深く傷を負ったものの、同僚の朝霧、近藤や、行きつけのカフェで出会う不思議な美青年、那谷らの言葉に支えられ、立ち直った。

★詳しくは瀬山の名前のリンクから過去分を参照ください。