西洋紙と日本紙

先日、ネットで興味深いものを見ましてね。戦前の国語の教科書です。その中にある「西洋紙と日本紙(第二期国定教科書「ハタ・タコ読本」巻七 第十四)」という話を読みまして、これは面白いなと。サゲが小噺風だったんで、小噺にカバーしました。ちなみに最終ページに原文を載せます。著作権があるとすると旧文部省ですが、50年以上経ってますから、どうなんですかね。問題ある場合は、コメント欄にどうぞ。削除します。

目次