無限回廊

彼は遂に、哭いていた。
吠えるように、ああ、けれどもう涙は流れない。

目次