色彩ある関係

以前に別のタイトルで連載していた小説です。

主人公がある女性について回想していく小説です。女性というものについて考えてみた作品です。不本意ながら、物語の構成は不完全なものですが、断片的にでも女性の言葉を織り込んで、それについて男はいろいろなことを点綴していきます。かなり手探りに書いたので批判や勘違いしている部分があるかも。

かなりかなり不完全なものですが、
一応、書き上げたので読んでみてください。

目次