水に抱かれて

濁りきった僕の最後に残された透明。

目次