ウィリアム・ウテルモーレンの「どうしましたか?」

私ごとですが、親の看病や介護にアクセクした時期がありまして、私は一人っ子なので他の協力も仰げずすごく大変でしたが、(親は亡くなり介護の大変さから解放された)今にして思えばあの頃は毎日が「驚き」と「喜び」と「悲しみ」に満ち溢れていました。また、私はそのとき、美術評論を熱心に書いていた時期でした…。そう考えると極めてノンフィクションに近い小説かもしれませんね。

目次