アレクサンドロスとヘファイスティオン R-18

アレクサンドロス三世(英語読みでは、アレキサンダー)と、その部下で愛人だったと言われているヘファイスティオンの話です。

ずっと歴史上の人物の伝記を書いてみたかったのですが、何せ素人作家、普通の伝記では面白くもなんともないだろうと思い、同性愛要素、官能要素を強い目にしてみました。

アレクサンドロス三世の生涯を書く力は私にはないため、ごく短い話になっています。

本作は完全に十八禁ですので、十八歳以下の読者は閲覧をご遠慮ください。

また、男性の方でアレキサンダー大王に憧れている方は、読まれないほうが無難です。

※ちょくちょく更新するかもしれませんが、微修正です。

※イラストは、ウィキペディアコモンズからお借りしてきました。