京都生まれのアポロンとヒュアキントス R-18

京都を舞台にしたギリシャ神話(?)です。

すごく変な話ですが、異世界のコメディ(?)だと思っていただければと思います。

登場人物たちが京都弁を話すので、関西弁がお嫌いな方は読まれないほうが無難です。

(テレビで明石屋さんまの話していることがわかる人なら、本作の関西弁を理解できると思います。)

程度は軽いですが官能表現があるので、念のため十八禁にしました。

※イラストは、ウィキペディアコモンズからお借りしてきました。