肉体の牢獄 R-18

未来の性産業シリーズ(?)です。

文体は井伏鱒二の「山椒魚」、ストーリーは川端康成の「眠れる美女」の影響が大です。

人から何と思われようと「SFを書いている!」という満足感は、巨大です。