感傷の街角


今日は10月の25日。重ね着で膨らんでいた壁のカレンダーも薄くなり、何時の間にか貧弱なページが残る季節になった。
 窓から射し込む光も弱弱しく感じるのも今の俺の心境を映しているのだろうか、熱を持っていない。
 誰もいない部屋での遊び相手は去年買ったパソコンだけだ。無料の動画を見たり、インターネットが教える記事を読んで何と無く一日が終わっていく。もう、三日も誰とも会話らしいことはやっていない、何をやっても面倒臭いのだ。 
 尋ねる客がいない古びたビルの3階にある「三沢探偵事務所」、それが俺の仕事場兼ねぐらだ。

目次