それは七日目、桜の花の

此方での初投稿作品です。

昔々、とある桜ととある少女の物語。
七日の短い時間の中で、紡がれた小さな言葉。

目次